カタチにしてます

職人が黙々と淡々と企画人のイメージを”カタチ”にしていきます。

↑こちらはバッグのある部分です。

ファスナー付けも革とナイロンの異素材の縫製もひとつづつ、愛情を込めて、すぐに壊れないように丁寧に縫製していきます。


↑こちらは企画人こだわりのある部分

企画人のこだわりは細かいディティール

このカタチは短い部分に力が集まるので本来は壊れやすいですが、布で補強し細かい部分まで職人がこだわり、壊れないようにカタチにしていきます。


↑こちらはショルダー部分

ナスカン(金具部分)とショルダー部分をミシンで縫製

厚みがある部分を簡単につくるのであれば、カシメとめ(金具とめ)しますが、

ミシンで縫製しスッキリと見せるのがend.bのこだわり

職人が唯壱無貮のモノに仕上げます。


こんな感じで、スッキリ見えるように企画人がデザインし

それを職人の技術と技でカタチにしていくのが”end.b"の商品です。


普通のようで、他にはないデザイン、技と技術でカタチになったモノを

早く皆様にもみていただきたいです。


ブランドデビューに向けて


よろしくお願い致します。







3回の閲覧

最新記事

すべて表示